選挙のバイト

選挙のバイト

選挙のバイト
  • おすすめ度・・・
  • 作業場所・・・選挙の投票所
  • 待遇・・・給料が比較的高額な場合が多い
  • 良い所・・・他の仕事にはない緊張感や独特の雰囲気が味わえます
  • こんな人にオススメ!・・・政治に興味がある人、短期でがっちり稼ぎたい人

選挙のバイトは、投票所の設営や撤去を行う仕事、開票を行う仕事、出口調査を行う仕事など、さまざまな種類があります。

どれも給料は比較的高額で、仕事内容も簡単なものが多いため、超人気のバイトです。

特に開票に携わる場合は、独特の緊張感がありますので、他と違ったバイトをしてみたい人にもおすすめ。

基本情報
時給 日給8000~15000円
最低拘束時間 7時間
肉体的負担 普通(座りっぱなし、立ちっぱなしの作業もあります)
精神的負担 楽(充実感も味わえる)
選挙会場の設営や撤去、開票などをする仕事です。

選挙のバイトの参加方法

小さな市区町村では市役所の職員が休日出勤で対応するので、募集自体がないこともありますが、大都市だと大学のバイト募集掲示板に貼られている場合もあります。

選挙が行われる期間だけの募集で、給料が高額なことから人気のバイトなので、倍率はかなり高く、採用されるのは難しいです。

また、立候補した議員のサポートに回るスタッフは基本はコネ採用です。

どうしても参加したい場合は、応援事務所に普段から出入りして顔を売っておきましょう。

選挙のバイトの体験談

2013年に参議院選挙のバイトに参加してみました。

バイト代(日給)は1万円で弁当付き。

バイト時間は朝の7時半~20時くらいです。

臨時の日払いバイトで入ったためか、全く研修とかありませんでした。

投票用紙を渡す役と、投票しに来た人を数える役の2つのポジションを、
3人で交代しながらやっていった。(2人が仕事して、1人が休憩)

1時間働いたら30分休憩をただただ繰り返すだけ。

仕事内容も同じ作業の繰り返しなので、特に難しいことはなかったです。

お昼休憩には弁当がついてきたりと、日雇いバイトでも待遇はそこそこ。

ただ、無駄に休憩が多くて、その間の暇つぶしを考えるのに結構苦労しました。

同じバイトとして入って来た人とは微妙な空気だったし・・・。

仕事よりもそこでの人間関係で苦労したバイトでした(笑)

バイト自体は超楽なので、おすすめです。